坂野友彦おすすめ撮影グッズ〜ドライボックス

ドライボックス

ファミリースマイルフォトグラファー(FSP)坂野友彦おすすめグッズ。

 

今回はドライボックスです。

 

梅雨が近づいてきました。

 

そんな時、気になるのがカメラやレンズの保管方法です。

 

カメラマンの気持ちとして、カメラやレンズは出来るだけ長持ちさせたいものです。

 

長持ちさせるために最も大切なポイントが保管方法です。

 

本棚や机に置いておくのはダメです。

 

保管において最も大切な点が湿度です。

 

湿度60%を超える状況では、外部・内部にカビが発生する場合があります。

 

カメラやレンズともカビが内部に発生してしまうと、取り除くのは難しいです。

 

乾きすぎの状況も良くないです。

 

湿度40%以下ですと、カメラやレンズの樹脂部分などが劣化する可能性があります。

 

湿度40〜60%の範囲で保管することが不可欠です。

 

本棚や机に置いておくと湿度をコントロールできず、周囲の湿度に影響されますのでダメです。

 

わたしの保管方法は「ドライボックス」です。

 

ドライボックスとは、乾燥剤を入れて内部の湿度計を確認しながら湿度をカメラやレンズなどを管理する箱です。

 

値段は1000円〜2000円台が中心です。湿度計や乾燥剤がついたドライボックスもあります。

 

わたしは、ナカバヤシの「キャパティ ドライボックス (27L) 」(写真1)を使っています。

 

写真1

 

容量は27リットル。サイズは幅約31cm×奥行約49cm×高さ約27cmです。

 

これに、一眼レフ1台(EOS8000D)と標準レンズ1本、ズーム2本、露出計、ストロボ(キャノンスピードライト600EX-RT)、フィールディングインナーソフトボックスなどを入れています(写真2)。

 

写真2
ドライボックスの中

 

ビッククロで消費税込み2000円前後だったと思います。

 

写真の湿度計と乾燥剤(シリカゲル)もついているので便利です。

 

現在、本棚の上に置いてあります。

 

「キャパティドライボックス」は、重ねておくことも出来るので機材が多い人にもおすすめです。

 

数万〜数十万円するカメラやレンズを湿気から守れるならば高くないでしょう。

 

わたしのおすすめは、湿度計や乾燥剤がついたドライボックスです。

 

カメラやレンズは、使わないときでも、保管したままにせずにドライボックスから出して外気に触れさせることも不可欠です。

関連ページ

坂野友彦おすすめ撮影グッズ〜インナーソフトボックス
坂野友彦(ファミリースマイルフォトグラファー、FSP)が写真撮影で使って良かったと思う用品やグッズを紹介します。今回はフィールディングインナーソフトボックスです。
坂野友彦おすすめ撮影グッズ〜PLフィルター
坂野友彦(ファミリースマイルフォトグラファー、FSP)が写真撮影で使って良かったと思う用品やグッズを紹介します。まずはPLフィルターです。